心掛けたいこと

私がマッサージ師で働くとしたら、笑顔があふれるような仕事に徹したいと思っています。しかしながら、いざ実際にそのような場面に直面をした時、常に笑顔でいられ続けることが出来るのかは自信がありません。やはり介護職というのは、生半可な気持ちでは勤め上げることが出来ないと思っているからです。

マッサージ師の方々は、基本的には人の役に立ちたい、人の助けになりたいという崇高な思いを持ってその職業に就くと思います。そして皆さん、大変な思いをしながらも実直に頑張っているのだと思います。

しかし、家族でもそうなのですが、やはり介護というものは冗談抜きで大変なことです。私も笑顔があふれるような仕事をしたいとは思いますが、そこには笑顔だけでは乗り切ることのできない現実が横たわっていることでしょう。

だからこそ、私は思うのです。このような辛く大変な現実に直面しているご家族の方々の立場に立って考えていこうと。
介護はされる方もそうですが、やはり面倒を見る方が肉体的にも精神的にも疲労をします。もちろん、介護をされる側も精神的な部分で負い目を感じたりして大変な面があると思います。

こうした部分でのクッション役になり、負担を緩和することが出来るのは赤の他人であるマッサージ師なのかなと思っています。
やはり肉親であれば甘えてしまう面はありますからね。介護をする側もされる側も、他人が介在すれば逃げ道や甘えきらない部分を作ることが出来ます。

私がマッサージ師になれば、こうした面を補いつつ介護をする側の負担を減らし、やがては笑顔があふれるような仕事が出来ればいいなと考えていますね。