勉強をする理由

私がマッサージ師になるための勉強をする理由は、まずは、自分の家族の為です。いつ家族が介護を必要となるかわかりませんから、家族の中に1人でもマッサージ師としての知識や技術を持った人間がいれば役に立ちます。

そう思えるのも今のようにマッサージ師という職業が存在しなかった時代に私は祖父母を自宅で喪った経験があるからです。もし、知識や経験があれば祖父母に対して何かもっとしてあげれてたと思うことが多々あるのです。

今後、超高齢化社会になり、自分自身でも介護について知っておく必要性も出てきています。マッサージ師にお世話になるために、マッサージ師のことを理解しておくのです。
将来、マッサージ師としての形態も年々、変化していくと思います。介護制度に頼るだけではなかなか厳しいかもしれないです。

若いうちから介護制度についてやマッサージ師について学んでおくことは自己投資でもあり、社会への順応・適応とも言えます。最近、座学を学び終わり、実際に介護施設にて仕事を体験させて頂いています。

学べることが非常に多いです。現代社会の縮図がそこにあります。私達、若い世代にも近い将来がそこにあります。
今、何をすべきか何が出来るのか、マッサージ師として考え学ぶことは大きな財産です。これは経験でしか得ることが出来ないです。

私の両親も高齢になってきたので、自分の親のためにも何がしてあげれるのかを現場で感じ取り、家族のために生かしたいです。